「平成19年隠岐豪雨災害から10年」事業シンポジウムが、平成29年8月20日(日)12:30~16:30まで、隠岐島文化会館大ホールで行われました。オープニングでは隠岐高校吹奏楽部が演奏を行いました。

講演は、「気象災害に備える・・・記憶と想像を生かす」という演題で、本校の卒業生でもある山根収 氏(TSKアナウンサー・気象予報士)が講演を行いました。