11月18日(月)防災学習の一環で現在宮城県気仙沼市の面瀬公民館館長をしておられる中井充夫氏をお招きし、講演会を行いました。講演では2011年の東日本大震災で被災された時の経験を南気仙沼小学校の被害の状況と学校再開への取り組みを紹介したビデオ映像を交えながら、「災害は必ずやってくるという意識を持ち、災害発生時には自分の命を守ることが第一である」というお話をされました。生徒たちは講演を聞き、今普通に学校生活を送ることができていることの幸せを改めて感じている様子でした。

IMG_6814.jpgup.jpgIMG_6821.jpgup.jpg