12月12日(土)、隠岐の島町役場1階町民ホールにて、「2020 隠岐の島町高校生ビジネスプランコンテスト」が開催されました。本校からは隠岐ジオパーク探究の生徒7名(3組)が提出したビジネスプランが1次選考を通過し、二次選考の公開プレゼンテーションに挑みました。
3組のプレゼンはどれもこれまでのジオパーク学習で得た知識・考え方をフルに活用し、試作品や自分たちの体験を踏まえ審査員に実現可能性をアピールしていました。
結果は、「隠岐の特徴を使った持続可能なビジネスプラン」が優秀賞に選ばれました。当日は、授業に協力していただいている方をはじめ多くの方にお越しいただき、普段とは異なった緊張感の中で自分たちの意見を伝えることができ、大変有意義な時間となりました。

・【優秀賞】「隠岐の特徴を使った持続可能なビジネスプラン」3年 村上蓮華、小林海斗 (写真①・②)

  〈概要〉持続可能なビジネスプランにするために、今ある商品等にジオパークの特徴をプラスし、売り方・使い方を広げていくプランを考案

・「隠岐の島修学旅行プラン」3年 永海楓花、齋賀壮真 (写真③)

  〈概要〉観光客・Iターン者の増加を目的とし、隠岐の島町事業実施計画の観光メニューから隠岐・体験・学び・気づきをコンセプトとした修学旅行プランを考案

・「グッズ革命~愛しい隠岐の生き物たちのリアルとかわいさ追求~」3年 西田悠耶、若林歩、池田望夢 (写真④)

  〈概要〉観光振興を目的に、ユネスコ世界ジオパークに認定された隠岐に生息する魅力的な生き物をテーマにしたぬいぐるみなどのグッズを販売するプランを考案

 
また、コンテストの様子がNHKローカルニュースで放送されました。

「隠岐を元気に 高校生がアイデア」NHK NEWS WEB

 URL: https://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20201214/4030007167.html

写真①.JPG写真②.JPG

写真①                写真②

写真③.JPG写真④.JPG

写真③                写真④

IMG_4325.jpg